日がな一日 手仕事

ハンドメイドDiary

スカート丈を長くする方法

先日、お泊りすることになった孫のためにユニクロでパジャマを買いました。

今どきのパジャマズボンはウエスト部分がリブニットになっているのですね。

なるほど、と思いながら見ていて思いつきました。

リブニットをウエスト部分に付ければスカート丈を長くすることが出来るかも・・・

最近はどこに行くにもスニーカーなので、スカートも丈の長い物しか着なくなりました。短い丈のスカートたちは出番がなくなり処分しようと思いながら捨てられずにいたのですが、この方法で丈を長くすることができればもう一度活躍できそうです。

思い付いたら即実行

  1. スカートを解体して表と裏に分けたらファスナー部分を閉じます。(しっかり仕立てられた脇ファスナーをほどくのが一苦労です)
  2. プリーツ部分も腰回りに合わせて一部ほどきます。
  3. リブニットを半分に折り、ゴムを挟んでつければ完成です。

やっつけ仕事ですが、20㎝もスカート丈を長く出来ました。

この方法で丈を伸ばせるのはギャザースカートかプリーツの入ったスカートに限りますが、あっという間にできる簡単お直しでした。(^^♪

新年最初の手仕事 ボックスポーチ

暮れから新年にかけて、人の出入りが多く雑用に追われていました。

やっと普段の生活に戻り、ミシンや道具も元の場所に収まりました。\(^o^)/

さて、まずは何か簡単なものを作ってみよう、旅行用ポーチがくたびれて来たのでボックスポーチを作ることにしました。

このポーチ、半日ほどで出来ると思っていたのに、丸2日もかかったのです。

手作りあるあるの間違いオンパレードをしたからです💦。

ファスナーを裏返しに付ける☆中表のつもりが逆に縫う☆タブをつけずに先に進む☆ポケットのサイズを間違えた☆途中から縫い代7ミリで縫っていた☆ほどいている間に穴をあけて最初から裁ち直し☆

次から次へとミスをしては、ほどいて、またミスをして・・・・

そのうちイライラを通り過ぎ、吐き気がしてきました。最悪(-_-;)でした。

新年早々なんだかな?の発進でしたが、めげずに今年も頑張っていこうと思っています。今年もよろしくお願いいたします。(^^♪

 

【ポーチのサイズ】

W-21,H-10,D-8

【刺繍】 小さなバラの刺繍から

小さな端切れに小さな刺繍がひとつ、これだけでは形あるのもが作れません。


パッチワークのように布地をたして形にしていこうと思います。

ゴールは眼鏡ケース、途中経過を写真で綴ってみますね。

布地をたして、花ももうひとつ

布の継ぎ目にステッチを

裏地、表、キルト芯

半分に折って出来上がりです。

裏地にボアを使ったので思った以上に細いケースになってしまいました。

小さなリーディンググラスがやっと入る大きさ(入って良かった💦)

次回はもう少し大きく作らねば (^^♪

思い出のベビー服をリメイク

懐かしいベビー服があります。

娘も気に入っていたロンパースでお出かけにはよく着せていました。

次の子にも着せようと大事にとっておいたのですが、その後生まれてくる孫は男の子ばかり・・・もう持っている必要もなくなりました。

それなら、お人形に着せてみようかと、リメイクすることにしました。

小さなロンパース(たぶん60サイズ)は、ボタンやリブ部分が多くて、わずかな布しか取れません。もう少し大きな人形服にしたかったけど、予定変更して小さなサイズのねねちゃんの洋服になりました。

小さな孫がいつも着ていた懐かしいベビー服が人形服に変身。

写真を並べてお揃い気分、孫と人形遊びをしたら、思い出がリンクしそう。

こんな断捨離もいいかもしれませんね(^^♪

カンタ刺繍でミニトート

パッチワーク風につないだ布の上にステッチワークをする。

色合わせも楽しめて、手仕事も少しあって、楽しいです。

パッチワークキルト、刺し子、言い方はいろいろあるけれど自分的にはカンタ刺繍としています。

色合わせをして

ランニングステッチを、時間をかけたくないので、ステッチも少しだけに

色番のわからなくなった中途半端な刺繍糸が消費できました(^^♪

フリーザーペーパーを使って コードホルダーを作りました

リバティーの端布を使ってまん丸のコードホルダーを作ってみました。

形もまばらな小さな端布ばかりなので、クレイジーキルトで繋ぎランニングステッチをしています。

中表に合わせて縫う時にしつけもかけずに始めたら縫いずれが起こりキルト綿の上に書いた図案も歪んでしまい、丸くならずに洋ナシのような形になってしまいました💦

これではまずい、でもしつけをかけるのも面倒、そこでフリーザーペーパーを使って作ってみることにしました。

フリーザーペーパーとは

アメリカのキッチン商材のメーカーレイノルズ社のフリーザーペーパーが最も有名のようです。もともとは冷凍庫に入れる肉などを包むための商品ですが、その特性のため広くクラフトに使われるようになりました。片面プラスチックコーティングされた丈夫な紙で、アイロンなどの熱によりプラスティック面を布に仮接着します。

キルトやアップリケ、ステンシルをする人たちからは愛用されていると思われます。

私もいつか使ってみようと思い買ったまま出番なしの不要在庫だったのですが、今回お試しで使ってみることにしました。

レイノルズ社のフリーザーペーパーはアマゾンでも売っていなかったので、今回使っているのはオルヌマン社のアイロン仮接着ペーパーです。100均でも売っていたらしいですが、見つけることはできませんでした(2023年9月の情報です)

フリーザーペーパーを使ってみました

  • フリーザーペーパーの片面は紙なので図案を描くのも鉛筆でもOKです。丸く切り抜いてコーティングした面を貼り付け中温(スチームなし)でアイロンをかけます。触ってもべたつくこともないのに、あら不思議、キルト綿面にもピッタリ張り付きました。

  • 貼り付けた紙の際にミシンをかけます。しっかり張り付いているので、きれいに丸くミシンがかけられました。
  • フリーザーペーパーを剝がすのも抵抗は全然ありません。コーティング面に糸くずなどもついていません。


    この同じフリーザーペーパーを何度も使いまわしができます。

フリーザーペーパーを使っての感想

はじめて使ってみましたが、とても便利なものだと思いました。べたべたしていないのに、アイロンでピタッと張り付く、何度も使え、紙なので扱いやすいです。アップリケで同じ形を何度も作る場合など最適かもしれません。

他にもいろいろな場面で使えそうなので、これから機会があれば試してみたいと思いました(^^♪

カーテンリメイク 親子のお揃いコーデ

カーテンをリメイクして夏のワンピースと子供用ショートパンツを ‥

ママと小さな子供のお揃いコーデです。

使用したのはリックラックさんの型紙です。特にショートパンツの型紙はとっても重宝していて、毎年作っています。

生地を変えれば季節を選ばず一年中使えます。薄い生地なら夏の遊び着や寝間着に、わずかな生地で作れるし親子でお揃いも楽しいですよね。(^^♪

👇以前布団カバーのリメイクでも作りました