日がな一日 手仕事

ハンドメイドDiary

首コリしない バッククロス・エプロン【作り方】

ホルダーネック型のエプロンだと どうしても首コリや肩こりがする人のために、 我が家の定番エプロンを紹介します(^^)/ バッククロスの肩紐と 腰ひもをウエスト前でしっかり結ぶことで、一日中つけていても首や肩が疲れません。 バッククロスエプロンの作り…

コサージュ (お正月飾りからリメイク)

娘が入園式のためにコサージュをつけたいと言います。 今時コサージュを胸につけるなんて古臭いのでは? と思ったら 最近の流行りみたいですね。 安いのが手に入ればと思い、メルカリやクリーマなどで探してみると、ハンドメイドのコサージュが数多く出品さ…

アルバム始末 と 老い支度

週末から海辺の小さなリゾートマンションに来ています。 夫の両親が晩年を過ごした場所です。 刈り込まれた葉がパイナップルみたいでかわいい ここに来たのは、ゆったり海を眺めに来たわけではなく、 一念発起し、片づけに来ました。 夫の両親はもうすでに亡…

白銀比を使ってポーチを作ったら・・?

用途の目的なしに ポーチでも作ろうかと思う時があります。 中途半端に生地を残したくない、でも捨てたくもない時です。 使い道の決まっている時はおのずと大きさも決まってきますが、 あてもなく作るポーチの大きさを決めるのに なにか基準があったらいいの…

入園式のために 孫服作りました

「もうすぐ入園式だけど 何着せようか?」と 遠くに住む娘から電話がありました。 「今は手ごろで安価な服があるから、どこかで買ってきたら?」 「でもいいと思うのは高いし、回数着ない服を買うのはもったいないし、、、」 何か歯切れの悪い娘の話にやっと…

トルコ イーネオヤで編んだネックレス

トルコの伝統手芸である オヤ その中でも最も古く難しいのが、針で編む イーネオヤ です。 これは、イーネオヤのネックレスです。 私が作ったのではなく、買いました。(^^) 先日作ったお人形の髪飾りにしたのも イーネオヤ です。 よく見るととても繊細な作…

切られた木を見て

外出途中の道 取り壊し中のビルの前の木にも足場がかけてありました。 なんだか嫌な予感がします。 写真を撮りました。 そして帰り道 あーぁ、予感的中、木はなくなっていました。 切られてしまった木の切り株をのぞき込んで写真を撮っていると 作業員のおじ…

ウォルドルフ人形の洋服制作 2 寝間着とアンダーウェア

試行錯誤しながら、人形服を作っています。 ネグリジェとシャツとブルマーを作りました。

キャベツと人参だけのお好み焼きはとても甘い

20分で、主菜と副菜1品が出来上がる、オイシックスの料理キットがあります。 その中のメニューの一つにお好み焼きの副菜がありました。 副菜にお好み焼きなんて、炭水化物多すぎじゃない?と思いましたが、 指示通り作ってみると、 目からウロコの出来上…

小さなアイロンと小さな万十(まんじゅう) 小物づくりの便利道具 

人形服を作り始めて、とても重宝している道具が小さなアイロンと小さなまんじゅうです。 まずはアイロン、 小さな小物を作る時、便利そうでずっとほしかったパッチワーク用のアイロンです。 これを買うにには、値段で悩みました。 機能が少なく小さいわりに…

IKEA イケア【LED フロアスタンド ランプ】 ミシンかけに活躍

老眼が進んだせいか、夕方薄暗がりで手仕事をしていると良く見えていない事が多くなりました。 自分では見ているつもりでいても実は目で見ているのではなく、手が覚えていて感で針を進めていることがあります。 以前紳士服を仕立てていた職人さんに聞いた話…

ウォルドルフ人形の洋服制作 1

ウォルドルフ人形の洋服を作りました。 身長30㎝ B体 、孫の誕生日にプレゼントするために作ったお人形の洋服がどうにか1枚完成しました。 壮大な計画は、まだまだ続きます。 この子の着替え用のドレス、寝間着、下着、靴、バッグ、帽子と揃える予定です…

ウォルドルフ人形 いろいろなスタイルが楽しめる髪の毛

ウォルドルフ人形作りに初めてトライしてみました。備忘録も兼ねて、髪の毛の付け方をまとめてあります。ヘアスタイル自由な髪の毛にチャレンジです。

千葉市美術館 田中一村展

千葉市美術館で開催している田中一村展へ行ってきました。 千葉市美術館田中一村展チケット 今回の展覧会は千葉市美術館の収蔵作品の中から時系列に展示されたものなので、展示されている作品の多くは千葉にいた時代に描かれたものでした。 50歳で奄美大島…

【Bag】持ち手の長さを変えると雰囲気が変わりました

以前作ったバッグ 持ち手の長さがどうしても気に入らなかったので、 思いきってお直しすることにしました。 ビフォー ⇒ アフターの画像です。 持ち手の長さを48㎝から36㎝に短くして持ち手付け位置を少し外側に移動しています。 本体はそのままですが、…

子供トレーナー 簡単きれいな袖丈詰め

先日孫のトレーナーに刺繍をしてみました。 ところがサイズを間違えて110サイズを買ってしまったので、これでは袖丈が長すぎます。 孫娘はおでぶさん、袖丈さえ詰めれば大きなサイズでも着られるはずなので、袖丈を詰めることにしました。 袖を短くするに…

カンタ刺繍のトート

カンタ刺繍のトートバッグです。 カンタ刺繍【kantha】とは、インドの伝統的な手仕事で 刺し子のようなものです。 破れたサリーや古布を2枚重ねにしたり、つないだりしてステッチを施し 新たな布によみがえらせます。 布を大切に最後まで使い切る、日々の仕…

毛糸一玉で、花刺繍を

編み物もしないのに、何となく買ってしまった1玉の毛糸、 レインボー糸だったので、毛糸刺繍をしてみようかと思います。 まずは、色別に分けてみました。 お花の刺繍が出来そうな色合いに分けることができました。 セールの時に購入したユニクロの子供服を…

紙袋で作るトートバッグ

紙袋で作ったトートバッグです。 このバッグは近所に住む妹の手づくりです。 右はスーパーマーケットの紙袋、左側はA3の包装紙2枚を使ったそうです。 紙袋を一度開いて両面に100円ショップの窓ガラス目隠しシートを貼ってから作ります。 丈夫でしっかり…

無印のお気に入り

無印良品は、コストパフォーマンスが良く、何より製品のモデルチェンジが少ないのでキッチン用品はここで購入することが多いです。 いろいろ買い物をしてみて、すべてが良いわけではなく これはイマイチだろう!というものもあるのですが、悪口は言わないこ…

菊芋、糖尿病にいいらしい

菊芋の酢漬けです。 糖尿病の持病を持つ夫のために、よく作っています。 ある時、知り合いに夫の病気の話をしたところ 「菊芋を食べなさい。生のまま薄切りにして酢につけて食べなさい」と 菊芋信者のように菊芋が体に良いことを力説してくれました。 そうな…

引き揃え糸

風になびく引き揃え糸 きれいです。 ずいぶん前 引き揃え糸を手作り市で始めて見て、かわいらしさに思わず買ってしまったものです。 その時はこの糸を使って刺繍に応用できないかと思っていたのですが、アイデアも浮かばず、使わない材料箱入りしています。 …

【レースや布くずを閉じ込めた】ハート その3

先日から作っていたハートが出来たので、バッグにしてみました。 同じサイズの型紙を使って作ったのですが、持ち手の長さが違うだけで、ちょっと形がちがうようにも見えます。 www.noihandicraft.com 備忘録も兼ねて、材料です。

【リボンや布くずを閉じ込めた】ハート その2

前回作っていた水に溶ける転写紙を使って、もうひとつ レースも閉じ込めて作ってみました。 詳しい作り方はこちらです。 www.noihandicraft.com いろいろな種類のレースが一つになって、レースのアップリケの出来上がりです。 このままだと寂しいかな?と思…

【リボンや布くずを閉じ込めた】ハートの作り方

好きな布は切れ端までも捨てるのは惜しくなります。 同じような色ごとに小さな布切れをビンに入れてとってあるので、それらを使っておもしろいアップリケを作ってみようと思います。 使うのは土台になる布地と バレンタインも近いので、赤系統の布くず、そし…

ホビーラホビーレのキットを作ってみました

ホビーラホビーレのキットで作った ティッシュケースです。 キットを購入し刺繍をしたのは友人です。 刺繍をしたものの仕立てることをせず長年放置していたら、世の中はスリムティッシュに変わってしまい、昔の型紙通りでは大きすぎることになりました。当時…

シニアあるある 

年には勝てず、何をするにも老眼鏡がないと生活できなくなっています。 昔はとても目が良かったのが、今では遠くをみるのは遠視になっているようで、車を運転するには遠視の入った眼鏡が必要です。時と場合によって複数の眼鏡が必要になりました。 いつの間…

アイロン接着シートでハートを【バレンタインラッピング】

アイロン接着シートを使って、ハートを張り付けた巾着を作ってみました。とても簡単なので、ぜひトライしてみてください♡

船底バッグを作ります 2

底が正方形の船底バッグを作っています。 底の大きさは20㎝の正方形です。 マチの大きなトートバッグになるので、ファスナー付の口布をつけます。 四角形の底が上手く付けられれば あとは普通のトートバッグと同じです。 それでは、順番に作る手順をままと…

船底バッグを作ります 1

写真はフランスのメーカー エルベシャプリエ Herve Chapellier のバッグです。 30年以上同じデザインの定番バッグです。 流行に振り回されることなく同じものを作り続けていくことは、思った以上に大変なことで それが出来ているのはヨーロッパのメーカー…